本文へスキップ

宮城教育大学附属特別支援学校

TEL.022-214-3353

〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉395-2

今野賞公益信託今野芳雄記念 宮城県心身障害児教育振興基金

「今野賞」は宮城県の教員をされていた故今野芳雄先生が、平成3年に特別支援学校の推進を図るために
設けられた賞です。平成20年度より本校が事務局となり、募集に関する情報をお届けしています。

今野賞の応募について

第27回今野賞(平成29年度)募集要項


A部門:功績者顕彰
B部門:若手指導者育成
C部門:課題研究助成
D部門:通常の学級における実践研究助成

 

受賞者一覧

第1回(平成3年度)〜第5回(平成7年度)

第6回(平成8年度)〜第10回(平成12年度)

第11回(平成13年度)〜第15回(平成17年度)

第16回(平成18年度)〜第20回(平成22年度)

第21回(平成23年度)〜第25回(平成27年度)

 
年度 部門 氏  名 学校名・団体名 題  名
27  A    なし
 B  入 川村 修弘  宮城教育大学
 附属特別支援学校
LDの可能性のある児童に対する通級指導教室でのKABC−Uを活かした長所活用型の平仮名の読み指導
 C   入 佐々木 あき子  仙台市立
 長町小学校
聴覚に障害のある児童の防災教育について
−きこえの教育での授業実践を通して−
  小笠原 眞理    仙台市
  鶴谷特別支援学校
社会自立につながる教科の授業作り
−特別支援学級における英語の授業を通して−
 D    なし            
28  A 該当  永尾  勉  仙台市
 八乙女中学校
推薦理由:長年、特別支援教育に携わり、提案授業のほか特別支援教育の理解推進のための研修会の企画運営、実践発表に積極的に取り組んでいる。特別支援教育の振興に幅広く貢献し、その活躍は誠に顕著である。
 B  優  川村 修弘  宮城教育大学
 附属特別支援学校
知的障害の可能性のある児童に対するKABC−Uを活かした長所活用型平仮名の読み指導
   薮田 幸平  仙台市
 長町南小学校
主体的に学ぶ児童を育む指導のー試み
−教育的ニーズに応じた学びの場の確保と動機付けの工夫を通して−
 C   最優 教育課程委員会
(代表)千葉信博
 宮城県立
 石巻支援学校
個別の的障害のある児童生徒が, 安心して医療機関を受診できるための試み
−Accessによるデータベース活用をとおして−
 優  大友  浩  宮城教育大学
 附属特別支援学校
発達の遅れの大きい自閉症スペクトラム生徒の障害特性と発達段階に即した社会的学習の実践と考察
−高等部「職業科」のニーズで区別したグループの「学び合い」に焦点を当てた授業作りを通して−
 入  石川 尚志  仙台市立
 鶴谷特別支援学校
知的障害、視覚障害、肢体不自由を併せ有する生徒が一人で歩行できるようになるための一試み
−Aさんとともに歩んだ5年間に学んだ実態把握の方法と教材教具の工夫を通して−
   渡邊 由美子   仙台市立
 富沢中学校
関わり合いながらともに学ぶ
−特別支援学級での実践を通して− 
入   長野 まみ   仙台市立
 柳生中学校
 
クロハアゲハの誕生秘話心育む実話からのメッセージ
−絵本作りを通して、生活単元学習の在り方を考える−
 D 最優  豊田 幸二  富谷市立
 東向陽台小学校    
児童の自立と保護者支援の中心軸となる学校を目指して
−「宮城県特別支援教育将来構想」の具現化へ 個に応じた包括的な支援の構造化への一考察−

【賞の欄】 最優:最優秀賞  優:優秀賞  入:入賞



最優秀賞、優秀賞受賞論文(全文)はこちら(平成25、26年度分)